WLMPの動画データをMP4形式に変換する方法

WLMPとは

WLMPとはかつてマイクロソフト社の公式サイトでWindowsパソコンユーザー向けに無償で配布されていたムービーメーカー(Windows Movie Maker)という動画編集ソフトで使用されるファイル形式のひとつです。
このソフトで編集途中のプロジェクトはWLMP形式のデータとして保存され、最終的にMP4形式のファイルが完成します。WLMPはムービーメーカーだけで使用されるファイル形式なので、対応するプレイヤーは存在しません。そのためWLMPファイルを一般的な動画プレイヤーソフト・アプリで再生したり編集作業をすることは不可能です。この形式で保存されたデータの再生または編集をするためには、MP4に変換しなければなりません。


「Windows Movie Maker」を使ってWLMPをMP4として保存する方法

Windows Movie Makerを利用して作業途中のWLMPファイルをMP4形式で保存することができます。

Step1.ソフトを起動してファイルを開く

Windows Movie Makerを起動して「ファイル」「プロジェクトを開く」に進んで、WLMPファイルを選択してオープンします。

Step2.編集・パラメータの設定を行う

必要に応じてビデオの編集をしたり、パラメータの設定を指定しましょう。

Step3.プロジェクトの保存をする

「ファイル」「ムービーを保存」に進み、ファイル名を指定して保存します。現在はマイクロソフト社の公式サイトでWindows Movie Makerの配布が行われていないので、ソフトを入手することはできません。Windows Movie Makerがインストールされているコンピュータであっても、プロジェクトの読み込みの際にエラーが出てファイルを開くことができない場合があります。Macパソコンはこの方法が利用できません。


「iSkysoft究極の動画・音楽変換」を使ってWLMPをMP4形式に変換する方法

パソコン用のソフト「iSkysoft究極の動画・音楽変換」でもWLMPファイルをMP4形式に変換して保存することができます。このソフトはWindowsとMacの両方のOSに対応しています。

iSkysoft 究極動画音楽変換 - 動画変換

WLMPの動画データをMP4形式に変換する方法

  • 30倍の超高速かつ高画質にビデオを変換可能
  • 高画質HD,MP4,MOV,WMV,M2TS,VOB,VROなど、多種類形式の入力・出力に対応
  • 100種類以上のWebサイトから動画をダウンロード可能
  • DVDの抽出&変換&作成し、Youtubeなどの動画をDVDへ作成可能
  • 編集機能でビデオをトリムしたり、回転したり、ビデオに透かし、字幕などを追加したりすることができます。

Step1.ソフトウェアを起動してモードを選択する

ソフトを起動するとメインウィンドウが表示されるので、左上の「変換」タブをクリックして変換モードに切り替えましょう。

Step2.ファイルをリストに加える

WLMPのファイルをメインウィンドウ内にドラッグするかファイル名を指定して、リストに追加します。複数のファイルを開いてまとめて処理することも可能です。

ファイルを追加

Step3.変換したいデータの種類・パラメータの設定を行う

リストの右端に表示される三角のボタンをクリックするとフォーマットトレイが表示されるので、「動画」を選択しましょう。ファイル形式の一覧が表示されるので、MP4をクリックして品質やその他のパラメータを設定します。

出力形式を選択

Step4.変換作業を開始する

設定が完了したら、画面右下に表示される「変換」ボタンをクリックして作業を開始します。完成したファイルはMP4形式で保存することができます。

「変換」のボタンをクリック


Windows Movie Makerがインストールされている古いパソコンがあれば、プロジェクトを開いてMP4形式の動画として保存することができます。Windows Movie Makerは公式サイトから入手することができませんし、古いソフトなのでセキュリティ上の問題があります。Windows7以降またはMacパソコンにはWindows Movie Makerをインストールすることが不可能なので、「iSkysoft究極の動画・音楽変換」を使用する必要があります。


iSkysoft Editor
Jan 14,2019 16:44 pm / Posted by to 動画変換
方法 > 動画変換 > WLMPの動画データをMP4形式に変換する方法
Back to top