分かりやすく解説!WMAからMP3に変換する方法

WMAからMP3に変換するには?

音楽形式と一口で言っても、MP3やAAC、WAVなど、様々な種類および特長を持った形式があります。 数ある音楽形式の中でも、優れた圧縮率と高音質を兼ね備えた「WMA」形式を利用しているという方は多いのではないでしょうか。 そんな「WMA」を「MP3形式に変換したい」と思った事はありませんか? 今回は、WMAからMP3に変換する方法をWMAの特長等と併せてご紹介します。

そもそもWMAとはどんな音楽形式?

WMAとは、Windows Media Audioの略で、アメリカのMicrosoft社が独自に開発した音楽データの圧縮形式です。 主にWindowsパソコンで利用されている音楽形式で、メディア再生ツール「Windows Media Player」でCDを取り込むと自動でこの形式になります。 人間では聴き取れないような音声以外の音を改変・間引いているのが「WMA」形式の特長で、高音質を保ったまま約22分の1の大きさにデータを圧縮する事が可能です。

一体何が違うの?WMAとMP3を比較

続いて、同じ音楽データの圧縮形式である「MP3」との違いついて見ていきましょう。 先ほども少し触れましたが、WMAは高音質と優れた圧縮率が特長の形式です。 一方のMP3は、沢山の音楽形式の中でも最も古く、非常に定番な形式で、他のフォーマットよりも数多くのメディア再生ツール及びソフトに対応しています。 しかし、MP3は音声よりもデータの圧縮率を重視しているため、WMAと比較して音質はそこまで良くありません。 なので、あらゆる再生ツールでデータを圧縮・音楽を聴きたい場合は「MP3」、高音質のままで音楽を楽しみたい場合は、「WMA」の方が良いと言えます。 しかし、WMAはMP3と比べると再生できるツールが少ないのが現状です。 そのため、Windows以外のPCやWMA非対応のプレーヤー等で再生するには、変換ソフトでMP3に変換する必要があります。

初心者でも凄く簡単!「UniConverter(旧名:スーパーメディア変換!)」でWMAからMP3に変換する方法

数ある変換ソフトの中でも特にオススメしたいのが「UniConverter(旧名:スーパーメディア変換!)」です。 「UniConverter(旧名:スーパーメディア変換!)」とは、iSkysoft社から提供されている高性能な変換ソフトです。 専門知識が無くても簡単に操作できるのが本ソフトの特長で、初心者の方でもスムーズ&数ステップで変換を完全マスターする事ができます。 ここでは、「UniConverter(旧名:スーパーメディア変換!)」を利用して、WMAからMP3に変換する方法をご紹介します。



ステップ1 【ソフトにWMAファイルをインポートする】

まずは、ソフトを起動して、画面上部のメニューから「変換」タブを選択します。 「メディア」ボタンから「ファイルを追加」を選択して、ソフトにWMAファイルをインポートします。

※デスクトップからドラッグ&ドロップで直接インポートする事も可能です。

「ファイルを追加」

ステップ2 【出力形式を選択する】

インポートが完了すると、メディア画面にファイルの再生時間やデータ容量などが表示されます。 画面右側にある「下矢印」のマークをクリックして、「音声」から「MP3」を選択します。

「音声」から「MP3」を選択

ステップ3 【MP3に変換する】

音声形式を選択したら、ファイルの出力項目の右横にある「変換」をクリックします。 そうすると、MP3への変換が開始されるので、完了するまで暫く待ちます。

MP3に変換する

※完了後は、きちんと変換ができているかを再度確認してください。

このように「UniConverter(旧名:スーパーメディア変換!)」なら、わずか3ステップで音楽・動画形式の変換を行うことができます。 また、「UniConverter」では、音楽形式の変換だけでなく、DVD作成や動画サイト録画などの機能も搭載されているので、様々なシーンで活用する事が可能です。

皆さん、いかがでしたでしょうか? 今回ご紹介した変換ソフト「UniConverter(旧名:スーパーメディア変換!)」を利用すれば、簡単にwmaからmp3に音楽形式を変換する事ができます。 もし、「他のデバイスでも聴けるように音楽形式やDVDを変換したい」という方は、ぜひ本ソフトをインストールしてみましょう。


iSkysoft Editor
Jul 30,2020 16:38 pm / Posted by to オーディオ変換
方法 > オーディオ変換 > 分かりやすく解説!WMAからMP3に変換する方法
Back to top