CDAファイルをMP3に変換する方法について

音楽CDをパソコンで開くとCDAという種類のファイルが表示されます。このファイルはサイズが1KBしかありません。音声情報そのものではなく、CDに記録されている音声トラック情報を表しています。このファイルをそのままコピーしても、音声情報までコピーすることは不可能です。パソコンへ音声情報を取り込むには、MP3などの形式に変換する必要があります。

CDに記録された音声データはCDAというファイルで表示されます。そのままでは情報をパソコンに取り込むことができないので、MP3などの形式に変えなければなりません。MP3などの形式に変換するには「WindowsMediaPlayer」や「iTunes」などのソフトが必要です。前者を使用した場合、WAVなど様々な形式に変えて取り込むこともできます。後者もMP3だけでなくAACやWAVなどの形式で保存することが可能です。


ソフトをCDAファイルをMP3に変換するツール

⒈ WindowsMediaPlayer

CD音源内の音を編集・合成するためには、一旦WAVファイルとしてパソコンに取り込みます。「WindowsMediaPlayer」はWindowsに標準で搭載されているソフトで、簡単に変換することができます。スタートメニューから起動して取り込みの設定で形式を指定し、「CDの取り込み」をクリックします。WAVなどの形式で保存した場合は他のソフトや変換サイトを利用すると便利です。無料で使える「RealPlayer」などのソフトや、「OnlineAudioConverter」のような変換サイトを利用すると良いでしょう。

⒉ iTunes

Macなどアップル社の製品を使っている場合はiTunesを使うと良いでしょう。CDに記録されている情報を、MP3など様々なファイルに変えることができます。Windowsパソコンでもこのソフトを使用することは可能です。

⒊ 「CDAMP3変換」でCDAファイルをMP3に変換する

CDAを安全かつ迅速に、高音質でMP3に変えたい場合はAiseesoftの「CDAMP3変換」もおすすめすることができます。このソフトは様々な音声ファイルに対応しているだけでなく、MP4などの動画から直接的に音声を抽出することも可能となっています。
Aiseesoftの「CDAMP3変換」は誰でも無料で使用することができます。WindowsとMacの両方に対応している優れたソフトです。簡単な操作でMP3への変換を行うことができます。起動したらメニューバーにある「ファイルを追加」をクリックすれば、MP3に変換したCDAを追加することが可能です。このソフトはバッチ変換を行うことができるので、複数のCDAを同時にMP3へ変えることができます。出力形式を選択するのも簡単です。ドロップダウンリストにある「普通のオーディオ」から選ぶか、検索ボックスにMP3と入力します。

⒋ iSkysoftの「究極動画音楽変換」でCDAファイルをMP3に変換する

iSkysoft究極の動画・音楽変換」も、安全かつ迅速にリッピングを行うことができる優れたソフトの1つです。試用版と製品版の2種類が用意されており、まずは試用版をダウンロードすることになります。そのままでも十分な機能がありますが、全ての機能を使いたい場合には製品版の購入をおすすめします。 このソフトは操作性が優れており簡単にCDAをMP3に変換することができます。



Step1.起動後に「メディア」をクリックしてファイルを追加します。

WebMファイルをリストに追加

Step2.出力形式を選択します。

出力先の形式

Step3.「変換」をクリックすれば、CDに記録された情報を保存することができます。

変換


CDをパソコンに挿入して開くと、CDAという形式のファイルが表示されます。これはトラック情報を表しており、そのままでは音声情報を取り込むことができません。ソフトを使用すればMP3の形式で取り込むことができます。「WindowsMediaPlayer」など無料で使用できるソフトもあります。より安全かつ迅速に、高音質で取り込みたい場合には「iSkysoft究極の動画・音楽変換」がおすすめです。


iSkysoft Editor
Jun 25,2019 16:50 pm / Posted by to オーディオ変換
方法 > オーディオ変換 > CDAファイルをMP3に変換する方法について
Back to top