m4a to mp3 windows
 UniConverter
  • 1,000以上のビデオやオーディオの形式に変換
  • 動画をいれたら、最短1秒で変換可能!
  • 一万以上のサイトから動画を高速ダウンロード
  • そのままに品質で動画を圧縮
  • DVD・Blu-ray・音楽CDを作成
  • 画面録画・GIF作成・画像変換など高性能
トピックス > オーディオ変換 > aupファイルをmp3に変換する方法

aupファイルをmp3に変換する方法

初めに

パソコンのデータには色々な種類が存在します。その1つであるaupはメディア関連に使われますが、果たしてどのような性質を有するのか紹介します。また、パソコンユーザーに人気のあるmp3ファイルとの違いや、aupファイルをmp3ファイルに変換する方法も解説します。

UniConverter -AUP変換

aupファイルをmp3に変換する方法

  • 30倍の超高速かつ高画質にビデオを変換可能
  • 高画質HD,MP4,MOV,WMV,M2TS,VOB,VROなど、多種類形式の入力・出力に対応
  • 100種類以上のWebサイトから動画をダウンロード可能
  • DVDの抽出&変換&作成し、Youtubeなどの動画をDVDへ作成可能
  • 編集機能でビデオをトリムしたり、回転したり、ビデオに透かし、字幕などを追加したりすることができます。
無料ダウンロード 無料ダウンロード
safe download 安全・安心: 8,797,576人が使っています。

aupとは

aupとはファイル拡張子の1つです。拡張子とは、ファイルの種類を識別するために、ファイル名の最後に付けられる文字のことです。もし、パソコン上で保存されているデータのファイル名が、○○.aupと表示されていればaupファイルとなります。aupファイルは、音声編集ソフトのAudacityや、画像編集ソフトのAviutlがインストールされているパソコンで起動します。AudacityソフトやAviutlソフトを開いてaupファイルを起動させることでオーディオデータを編集することが可能となるのです。

aupファイルを起動させるためには、まずAudacityソフト或いはAviutlソフトを起動させます。そして、開きたいファイルを選択してから、ドラッグアンドドロップすると稼働します。もしファイル読み込みエラーが表示されれば、もう片方のソフトを起動させてファイルをドラッグアンドドロップさせると良いです。それでも開かない場合、aupファイルが壊れている可能性があるので注意が必要です。


aupとmp3の違いとは

一方、メディア関連のファイルとしてはmp3ファイルがとても有名です。では、aupファイルとmp3ファイルにはどのような違いがあるのかが気になるところです。結論からいえば、ファイルの概念そのものに違いがあります。aupファイルは音声や動画ファイルではないので、データの中に音声や動画は含まれていません。いわゆるプロジェクトファイルと呼ばれるものであり、編集した音声や動画の設定情報を保存したファイルなのです。

動画を編集する際には編集ソフトを用いて、様々な細かい設定を行っていく必要があります。具体的には切り出しや切り取りのカット編集、映像に施した効果等の情報や画質などです。それらの情報を編集ソフトを開くたびに、いちいち設定していたらかなり手間がかかってしまうでしょう。そこで、音声・動画編集で定めた細かい設定情報をプロジェクトファイルとして設定しておけば、次に編集するときにその情報が引き継がれることになります。音声・動画の編集をやり直したいときに、aupファイルがあると作業の負担が少なくなるのです。

一方、mp3ファイルは音声ファイルそのものであり、音楽ファンの間で人気があるファイル形式です。何故人気があるかといえば、人が聞こえない音を除去してデータを圧縮するため、ファイルサイズが小さくなるからです。パソコンや機器の容量をあまり消費しないため、たくさんの音声ファイルを保存することができます。さらにインターネット上でも容易に共有できるため、比較的簡単に入手できるのです。


aupファイルをmp3に変換する方法

aupファイルだけでは音楽を楽しむことができないので、mp3ファイルに変換させる必要があります。そのためには、変換ソフトを用いて行うことが重要です。一口に変換ソフトといっても様々な種類がありますが、特に初心者であれば無料で利用できるUniConverterを使用すると良いです。UniConverterを利用するユーザーはとても多く、1000種類以上のファイル形式を変換できるといわれています。

aupをmp3ファイルに変換するためには、Audacity(音声編集ソフト)のファイルであることが前提です。まずはaupファイルをAudacityで起動させてから、別名で書き出しという操作でwavファイルにします。そして、UniConverterを起動させて、wavファイルをmp3ファイルへと変換させるのです。具体的な操作手順は以下のようです。

step1.UniConverterを起動して、aupファイルを読み込む

aup変換

step2.出力形式ではmp3を選択する

aup変換

step3.変換ボタンをクリックすると、aupをmp3に変換する

aup変換


まとめ

mp3ファイルとは異なり、aupファイルはパソコンユーザーにはあまり馴染みがありません。これはプロジェクトファイルなので、このファイル単独で音声や動画を楽しめないからです。特に音声を楽しみたいのであれば、aupファイルをmp3ファイルへと変換させることが肝心です。そのためには、変換ソフトを活用することが必要となります。変換ソフトには色々な種類がありますが、無料でインストールできるものが良いでしょう。


iskysoft