MacでAVCHDファイルをiMovie用に変換

iMovieとはどういうもの

iMovieという物はどういうものなんか見ていきます。
iMovieという物は、Mac専用を動画や音楽を編集するソフトで、撮影した動画をよりきれいにしたりオープニング動画を作成したりと、いろいろな編集をすることが出来るソフトです。iOSが搭載された端末を持っている人には、互換性があるので利用価値が高い動画編集ソフトです。

iMovieがあれば、Macパソコンで最初の編集をしていて、途中で終わっていたときに、別の場所でiPadを使って編集の途中から始めたりすることも出来ます。編集を終えた動画は、iMovie Theaterで共有することでいつでもどこでもどんなiOS端末でも、共有した動画を再生することが出来ます。
このようにiMovieは、動画を編集するときに、いろいろな端末上で共有してから編集をすることが出来て、出来上がった動画もいろいろな端末で共有してから再生することが出来ます。

AVCHDファイルをiMovie用へ変換するのに何が必要なの

AVCHDファイルをiMovieで編集してからいざ再生をするデバイスにあったファイルフォーマットへ変換してから出力することが出来ます。iMovieを使うと、読み込んだ動画を編集することが出来ますし、その後に別のファイル形式で出力することが出来ます。当然、iOSを搭載しているデバイスでの再生が出来ますので、その再生できるファイルフォーマットは完備しています。

iMovieの編集機能は非常に優れていて、いろいろな動画の読み込み方法があります。パソコン内の動画を読み込むだけではなく、USB接続されたビデオカメラから直接iMovieへ読み込むことも出来ます。読み込んだ後の編集機能は、豊富でたくさんのエフェクト機能を持っていて、プロ並みの編集を行うことが出来ます。
iMovieは、iOS用のファイルフォーマットへ出力できるので、そのまま出力後iOSデ再生することが出来ます。ただし、基本的にはiOS向けのフォーマットになるのでフォーマットの種類は限られています。

そのため、動画の編集はiMovieで行ってから、編集後は別のソフトを使ってからファイル変換をしたい場合には別途おすすめのソフトとしてiSkysoft「究極動画音楽変換 for Mac」があります。
これだと変換できるファイルフォーマットの種類が豊富で、iMovieとセットで利用するとパワーアップします。より使い勝手が良くて、利用価値が高い使い方をすることが出来ます。

iSkysoft 究極動画音楽変換--AVCHD変換

AVCHDファイルをiMovie用へ変換する方法

  • 30倍の超高速かつ高画質にビデオを変換可能
  • 高画質HD,MP4,MOV,WMV,M2TS,VOB,VROなど、多種類形式の入力・出力に対応
  • 100種類以上のWebサイトから動画をダウンロード可能
  • DVDの抽出&変換&作成し、Youtubeなどの動画をDVDへ作成可能
  • 編集機能でビデオをトリムしたり、回転したり、ビデオに透かし、字幕などを追加したりすることができます。

iSkysoft「究極動画音楽変換 for Mac」を使ったAVCHDファイルをiMovie用へ変換するやり方

Macで動作する動画変換ソフトとして、iSkysoft「究極動画音楽変換 for Mac」を使いますが、実際にどのような手順で変換をすればいいのか見ていきます。

1.iSkysoft「究極動画音楽変換 for Mac」を起動すると、変換画面が表示されます。

AVCHD変換

2.AVCHDファイルを読み込みます。

①左上にある「ファイルを追加」ボタンで読み込みたいAVCHDファイルを選んで読み込み出来ます。
②直接にファイルをソフト内にドラックします。

AVCHD変換

3.出力形式をMP4に選択します。

「▼」ボタンをクリックして、出力欄が表示されます。「動画」「音声」「デバイス」「編集」があるのでその中の「動画」から出力先フォーマット一覧を表示します。
読み込んだAVCHDファイルをiPhoneで使えるMP4へ変換して出力したい場合は、出力形式ををMP4に選んで生きます。

AVCHD変換

4.「変換」をクリックすると変換が開始します。 あとは変換が完了するのを待つだけです。

AVCHD変換

iSkysoft Editor
May 11,2018 17:00 pm / Posted by to AVCHD変換
方法 > AVCHD変換 > MacでAVCHDファイルをiMovie用に変換
Back to top