MPEGファイルをQuickTime用に変換する方法

QuickTimeとはどういうもの

QuickTimeとは、実際にはどのようなものなのでしょうか。
QuickTimeは、1991年に開発されていて、動画・音楽・アニメーション・文章などすべての表現できる手法のデータを扱うことが出来ます。 基本的には、再生を中心として利用するようなソフトです。
もともと、アップルが開発したソフトで、アップル製品向けのファイルを再生するために開発されたものですが、最近では、アップル社製だけではなく、ウィンドウズ向けにも利用できるようになっています。

データの格納方法としては、動画・音楽・文章などをそれぞれ別のトラックで格納することが出来るので、別々にデータを管理しています。 簡単に言うと、動画用倉庫、音声用倉庫、文章用倉庫に完全に分かれているので、取り出すときにはそれぞれ別々に取り出すころが出来ます。 さらに、インターネットの通信にいち早く対応していて、ストリーミング配信に対応できるような仕組みになっています。

MPEGファイルをQuickTime用へ変換するのに何が必要なの

MPEGファイルには対応していないのがQuickTimeでして、似たようなファイル名でMP4には対応していますが、MP4とMPEG4ではまったくファイルフォーマットが違うので、QuickTimeで再生をすることは出来ません。 MPEG4とMP4ではまったく違うものだということを頭に入れておかないと、MPEG4ファイルが再生できないと文句を言わないようにしなければいけません。

MPEG4をQuickTimeで再生をしたければ、ファイル変換をしてからMP4で再生をするようには出来ます。 ではMP4へのファイル変換機能をQuickTimeが持っているかと言えば、まったくそういった機能は持っていないので、別途変換ソフトを利用して,MPEG4をMP4へとファイル変換をしなければQuickTimeでは再生できません。 そこで必要になってくるのが、MPEG4をMP4へファイル変換してくれる動画変換ソフトです。

最近はたくさんの動画変換ソフトを利用できるようになっていまして、無料動画変換ソフトなども多種類公開されています。 出来ればお金をかけたくないという人には、無料動画変換ソフトでも十分に変換は出来ます。 ただし、変換時にいろいろな入手元などを選択できたり、出力先のフォーマットでも種類の多さで行けば有料の動画変換ソフトにはかないません。

そこで機能面なども考えると、有料動画変換ソフトを利用することをおすすめします。 そんな数多くある有料動画変換ソフトの中で、iSkysoftの究極動画音楽変換 はおすすめのソフトです。 機能面で多くのファイルフォーマットの入出力ファイルをサポートしていて、その他の付加価値も充実していて、おすすめのソフトです。

iSkysoft 究極動画音楽変換--MPEG変換

MPEGファイルをQuickTime用に変換する方法

  • 30倍の超高速かつ高画質にビデオを変換可能
  • 高画質HD,MP4,MOV,WMV,M2TS,VOB,VROなど、多種類形式の入力・出力に対応
  • 100種類以上のWebサイトから動画をダウンロード可能
  • DVDの抽出&変換&作成し、Youtubeなどの動画をDVDへ作成可能
  • 編集機能でビデオをトリムしたり、回転したり、ビデオに透かし、字幕などを追加したりすることができます。

MPEGファイルをQuickTime用へ変換するやり方

それでは、Macで動作する動画変換ソフトとして、iSkysoft「究極動画音楽変換 for Mac」を利用してMPEGをMP4へ自動変換していきます。

1.iSkysoft「究極動画音楽変換 for Mac」を起動すると、変換画面が表示されます。

MPEG変換

2.MPEGファイルを読み込みます。

MPEG変換

3.出力形式のファイル選択を行います。

表示された一覧の中から、MP4を見つけてから選択します。

MPEG変換

4.画面右の「変換」ボタンをクリックすると、変換が開始されます。

MPEG変換

変換が終了すると、画面中央に表示されているバー状のグラフが100%と表示が出てくるので、これで変換が完了となります。
あとはQuickTimeで再生してみると、再生できるはずです。

iSkysoft Editor
Jul 25,2017 15:19 pm / Posted by to MPEG変換
方法 > MPEG変換 > MPEGファイルをQuickTime用に変換する方法
Back to top