m4a to mp3 windows
ウェブカメラを利用して自分の映像を録画する
  • 究極の動画変換ツール、150種以上のビデオおよびオーディオ形式にも変換できます。
  • 転送の機能を利用して、デバイスにすばやく転送できます。
  • 編集機能を利用して、動画のトリミング、字幕、透かし、エフェクトの追加ができます。
  • テンプレートを使用して動画ファイルをDVDに書き込みます。
  • 強力なツールボックスには、メタデータの修正、GIFメーカー、スクリーンレコーダー、VRコンバーターなどが含まれます。

初めに

若者から高齢の方までが動画を通して娯楽を楽しんだり、自分を表現することが自然になりつつあります。自分で動画を配信したり編集したりするのは初めての場合ハードルが高く感じるかもしれません。動画を自分で録画するにはどんな手順を踏んでいるのか説明していきたいと思います。

ウェブカメラを利用して録画したいと思うのはどんな時でしょうか。それはもしかするとゲーム実況などメディアを通して自分の動画を多くの人と共有したい時かもしれません。若者の将来の夢ランキングで小学生、中学生、高校生とも5位以内にはランクインするほど動画共有は身近な存在になっています。そうなると録画の知識を得ておくことは必須です。大人であっても、会社でウェブ会議が開かれるかもしれません。そんな時、会議の内容を録画しておけたなら、議事録を作成するよう頼まれた時、聞き逃してしまっても安心で、仕事の効率もぐっと上がるのにと考えるかもしれません。

UniConverter -画面録画

ウェブカメラを利用して自分の映像を録画する

  • 30倍の超高速かつ高画質にビデオを変換可能
  • 高画質HD,MP4,MOV,WMV,M2TS,VOB,VROなど、多種類形式の入力・出力に対応
  • 100種類以上のWebサイトから動画をダウンロード可能
  • DVDの抽出&変換&作成し、Youtubeなどの動画をDVDへ作成可能
  • 編集機能でビデオをトリムしたり、回転したり、ビデオに透かし、字幕などを追加したりすることができます。
無料ダウンロード 無料ダウンロード
safe download 安全・安心: 8,797,576人が使っています。

「ウェブカメラレコーダー」ができるフリーソフト

画面をウェブカメラで録画できるというソフトウェアがあります。様々なファイル形式に一括で変換、編集もできるという大変便利なソフトなのですが、今回新たな機能である「ウェブカメラレコーダー」についてご説明したいと思います。ゲーム中や会議中にもウェブカメラを使って録画することができるようになりました。録画の画面サイズも自在に変えることができますし、高品質なまま画質を損なうこともありません。


UniConverterでウェブカメラを利用して自分の映像を録画する方法

では、ウェブカメラを使って自分の映像を録画してみると仮定してやってみます。まずUniConverterをダウンロードしておく必要がありますが、Windows版とMac版に分かれているのでMacをお使いの方でしたらMac版をダウンロードしてください。

step1.Webカメラで画面録画ソフトを開く

ソフトを起動したら、「画面録画」をクリックします。すると録画の種類が選べます。画面録画、ウェブカメラレコーダー、オーディオレコーダーの3種類が出てきますが、今回は「ウェブカメラレコーダー」を選択します。

Webカメラで画面録画

step2.画面録画の範囲を設置する

次に画面サイズを選びます。フルスクリーンでも自分で好きなサイズを数値を入力して設定することもできます。どこからどこまでを映したいのかを考えてサイズを決めましょう。次に音声設定です。画面から流れてくる音楽を取り除くかどうかスピーカーマーク一つで変えられます。他にも、マウスカーソルを画面に映すかどうか、録画時間の長さ、ショートカットキーのカスタム設定など自分の使いたいシチュエーションに合わせて設定していきます。

画面録画の範囲

step3.「REC」ボタンをクリックして、画面録画を開始

その設定がすべて終われば、RECボタンを押して録画開始です。録画したファイルは自動的にパソコンに保存します。「開く」ボタンをクリックすると、録画した動画を確認できます。

録画を開始


まとめ

UniConverterのウェブカメラレコーダーを使って録画するメリットは、一番に挙げられるのは使い勝手の良さでしょう。録画や録音だけ行いたいのであれば他にもたくさんソフトはあります。例えば動画配信者であれば、録画したものをまた別の編集ソフトを使って動画を作るという人がいます。UniConverterのウェブカメラレコーダーであれば一から十まですべてこのソフト一つでできてしまいます。議事録を作成する場合でも、ウェブ会議が増えてきている現状もあり、動画を編集する、または部分的に貼り付けて共有する議事録のスタイルも出つつあります。今からUniConverterの機能に慣れていれば、将来的に役立つかもしれません。

ウェブカメラレコーダーでお仕事を効率よく

動画共有で収入を得るのであれば、できるだけ多くの動画本数をあげる努力が必要でしょう。会議の内容をまとめなければいけない時もだいたい1時間以内に仕上げるのが一般的だと言われます。やるべきことはたくさんありますが、UniConverterのウェブカメラレコーダーのような便利なソフトを使って、短時間で効率よく作業していけば仕事も楽しくなるかもしれません。

IT社会についていけるように

情報化社会において、パソコンの機能に詳しければ詳しいほど重宝されます。簡単ではありませんが、ソフトウェアなどを上手に活用することで、複雑だと思っていたことをシンプルに効率よく行うこともまた一つの賢い方法です。


iSkysoft Editor
Sep 28,2020 13:54 pm / Posted by to 画面録画
方法 > 画面録画 > ウェブカメラを利用して自分の映像を録画する
Back to top