Windows10でwmvをmp4に変換し再生出来る方法

目次

Part1.wmvとMP4の違い

Part2.wmvをmp4に変換する理由

Part3.UniConverter(旧名:スーパーメディア変換!)を使用して、wmvをmp4に変換する手順

Part4.まとめ

windows10はマイクロソフトが開発しているOSということもあって、マイクロソフトアプリを使うときに用いられる動画ファイル形式はwmvになっていることが多いです。ただ、人によってはwmv形式だと扱いにくいと感じる人もいるでしょう。そこで、今回はwmv形式のファイルを人気の動画圧縮方式のmp4形式に変換し、それを再生できるようにする方法を紹介します。

UniConverter(旧名:スーパーメディア変換!)- wmvをmp4に変換する

Windows10でwmvをmp4に変換し再生出来る方法

  • 30倍の超高速かつ高画質にビデオを変換可能
  • 高画質HD,MP4,MOV,WMV,M2TS,VOB,VROなど、多種類形式の入力/出力に対応
  • 100種類以上のWebサイトから動画をダウンロード可能
  • DVDの抽出&変換&作成し、Youtubeなどの動画をDVDへ作成可能
  • 編集機能でビデオをトリムしたり、回転したり、ビデオに透かし、字幕などを追加したりすることができます。


Part1.wmvとMP4の違い

wmvとはマイクロソフトのWindowsで扱う基本の動画圧縮形式で、mp4はデジタルマルチメディアコンテナファイルフォーマットです。どちらも、動画のファイルサイズを小さく圧縮できます。

違いについては対応可能なマルチメディアプレイヤーの数が違います。mp4は様々なメディアプラットフォームで再生することが可能です。品質と多様性の両方を兼ね備えているため、動画を圧縮エンコードする際は、wmvではなくmp4に変換して利用する方も多いです。


Part2.wmvをmp4に変換する理由

wmvファイルに圧縮した動画ファイルをmp4に変換する第一の理由は、mp4の再生プレイヤーが多いからです。主流な動画コーデックがmp4ということもあり、mp4に変換すれば様々な動画再生プレイヤーで再生することが出来ます。

第二の理由は、多くの動画投稿サイトがmp4でのアップロードを推奨しているからです。動画投稿サイトによっては、アップロード可能なファイル形式の中にwmvが含まれていない所もあります。推奨されていない動画アップロード方式でアップロードすると、再生時に画質が劣化してしまう事もあります。視聴者に、綺麗な映像で見てもらいたいなら推奨されるmp4でアップロードしたほうが良いのです。

第三の理由は動画編集のときに、対応しているソフトが多いからです。これもmp4が主要なコーデックとして扱われている汎用性の高いファイル形式のおかげであり、様々な動画編集ソフトでmp4を扱えます。


Part3.UniConverter(旧名:スーパーメディア変換!)を使用して、wmvをmp4に変換する手順

Step1 パソコンにUniConverterを起動して、動画ファイルを追加する

動画ファイルをリストに追加

Step2 150種類以上のフォーマットが用意されています。その中からmp4を選択します。

出力先の形式や品質の設定

Step3 設定が完了したら、最後に変換と書かれたボタンをクリックすると、動画の変換がスタートします。

動画の変換がスタート


Part4.まとめ

UniConverter(旧名:スーパーメディア変換!)は動画を一本一本変換する方法の他に、一括変換機能も備わっています。大量にmp4以外のファイルがあり困っている方は、スーパーメディア変換!を使って変換すると良いです。もちろん、事情によりmp4から他のファイル形式に変更することも可能ですので、mp4から元のファイルに戻したくなった時も心配要りません。

UniConverter(旧名:スーパーメディア変換!)の機能紹介デモがご覧になれます。


iSkysoft Editor
Aug 11,2020 17:37 pm / Posted by to WMV変換
方法 > WMV変換 > Windows10でwmvをmp4に変換し再生出来る方法
Back to top