MP3をM4Aに変換するメリットを解説

MP3をM4Aに形式変換するメリット

音楽データを圧縮してデジタル変換する技術は現在の世の中では当然の技術になっておりデジタル化された音楽データの形式には様々なものがあります。音楽データの中でも特に汎用性が高くまた抜群の知名度の誇る形式として有名なのがMP3なのですが、これと似たような形式で多くの人に利用されているフォーマットとしてはM4Aがあります。MP3ではなくM4Aを利用するメリットは具体的はどのような点にあるのでしょうか。M4AはAppleが提供する音楽サービスや音楽ソフトで標準形式とされているフォーマットということもあって、iPhoneやiPadやMacと相性が良いという利点が挙げられます。

またiTunesでCDから音楽をデジタル化する場合にMP3で作成するよりもM4Aで作成したほうが高音質の音楽データが出来上がりますし、それでいて両社のファイルのサイズはほとんど変わらないので音質に拘りたい人やSDカードなので内部ストレージの容量を拡張できないiPhoneの利用者などにはメリットの多いフォーマットの音楽データだと考えられるのです。Appleの製品を多く利用している人には特におすすめのフォーマットのデータと捉えられます。


MP3をM4Aに変換する方法

MP3をM4Aに変えて利用したい場合に強く利用を勧めたいのが、iSkysoft究極の動画・音楽変換という動画や音楽の形式を変えることができる専用のソフトです。このソフトはWindows版とMac版の両方のバージョンがありますし、無料体験版の配信もされているので多くの人が無料で手軽に利用できるのです。iSkysoft究極の動画・音楽変換を利用したMP3をM4Aへの変更方法について具体的に確認していきましょう。

iSkysoft 究極動画音楽変換 - MP3変換

MP3をM4Aに変換するメリットを解説

  • 30倍の超高速かつ高画質にビデオを変換可能
  • 高画質HD,MP4,MOV,WMV,M2TS,VOB,VROなど、多種類形式の入力・出力に対応
  • 100種類以上のWebサイトから動画をダウンロード可能
  • DVDの抽出&変換&作成し、Youtubeなどの動画をDVDへ作成可能
  • 編集機能でビデオをトリムしたり、回転したり、ビデオに透かし、字幕などを追加したりすることができます。

Step1

iSkysoft究極の動画・音楽変換をパソコンに導入したら、ソフトを立ち上げてメイン画面上部にあるタブの中から「変換」を選びさらに「ファイルを追加」の項目を選んで形式を変えたい音楽データをソフト側に認識させます。

ファイルを追加

Step2

フォーマットを変えたいファイルを選んだら「音声」のトレイから音楽データの出力形式を選択します。

出力形式を選択

Step3

出力形式を決定した後は「変換」のボタンをクリックします。するとソフトが作業を始めるので作業完了まで待ちます。

「変換」のボタンをクリック


iTunesを利用しても形式の変更はできる

Appleユーザーにはお馴染みの音楽管理ソフトであるiTunesでも実は音楽データの形式変更ができます。iTunesではやや手順が難しくなっていますが、無料で形式変更ができるので既にiTunesをパソコンに導入している場合やiTunesの扱いに慣れている場合にはiTunesを活用するのも良いでしょう。なおiTunesを利用した形式変更の具体的な手段は次のようになります。

Step1

iTunesを起動したら「編集」を選択しその後は「設定」を選んでさらに「インポート設定」へと進みます。

Step2

「インポート設定」内にある「インポート方法」を選択して音楽データの出力形式を自分の希望する形式へと変更したら変更内容を保存し、シフトキーを押しながら「ファイル」を選び「変換」へと進み、「環境設定で指定したインポート方法に変換」を選んでクリックします。

Step3

形式変更したいファイルやディスクを選択することでファイル形式変更が行われます。もちろん前の形式のファイルもそのまま保持できます。


様々な形式のファイルを使い分けましょう

MP3のファイルもM4Aのファイルもそれぞれにメリットがありますし、最適な利用シーンはそれぞれ異なります。自分が音楽データを利用するシーンや利用する端末に合せて適切にデータ変換をして音楽データを活用したいですね。


iSkysoft Editor
May 21,2018 16:55 pm / Posted by to MP3変換
方法 > MP3変換 > MP3をM4Aに変換するメリットを解説
Back to top