FLACの特徴とFLACをMP3への変換方法

FLACの特徴

近年では非常に音質の良い音楽データとしてハイレゾ音源という音楽データが注目されており、ハイレゾ音源の再生に対応した音楽プレイヤーは比較的高額であるにもかかわらず、高い人気と売上を誇っています。デジタル化された音楽データの中でも最も有名なのがMP3データですが、ハイレゾ音源ではFLACなどのデータが利用されており、このFLACというデータがハイレゾ音源にはかかせない要素となっています。
FLACは音声データをデジタル化する際に情報損失がない可逆圧縮技術によってデータ生成されているため、データの容量は大きいものの音域のカットなどが一切ないため、とても良い音で音楽を聴くことができるメリットがあります。
一方でMP3と比較すると元の音源の情報を全て保持しているが故にデータ容量が大きくなりすぎてスマートフォンなどに入れてデータを持ち運ぶ場合にはスマートフォンの内部ストレージを圧迫しすぎてしまうデメリットが挙げられます。FLACの音源データで音楽を聴きたい場合、自宅でデータをハードディスクなどの大容量ストレージに入れて聴くのが望ましいと考えられます。


FLACはMP3に変換できる

FLAC形式での音楽データを購入した場合、実は専用のパソコンをソフトを利用することで別の形式の音楽データに変換ができます。
音楽データの変換ができるソフトの中でも特に利用を勧めたいのが「iSkysoft究極の動画・音楽変換」というソフトです。同ソフトウェアはWindowsでもMacintoshでも利用できますし、公式サイトから無料体験版がダウンロードできるので気軽にお試し利用ができるメリットがあります。
「iSkysoft究極の動画・音楽変換」を利用してFLACからMP3へと変換する手順について詳しきみていきましょう。

iSkysoft 究極動画音楽変換 - オーディオ変換

FLACの特徴とMP3への変換方法

  • 30倍の超高速かつ高画質にビデオを変換可能
  • 高画質HD,MP4,MOV,WMV,M2TS,VOB,VROなど、多種類形式の入力・出力に対応
  • 100種類以上のWebサイトから動画をダウンロード可能
  • DVDの抽出&変換&作成し、Youtubeなどの動画をDVDへ作成可能
  • 編集機能でビデオをトリムしたり、回転したり、ビデオに透かし、字幕などを追加したりすることができます。

Step1.

「iSkysoft究極の動画・音楽変換」をインストールし、ソフトを起動したらツールボックスに5つのタブが表示されるのでその中から「変換」の項目を選択し、その後「ファイルを追加」のボタンをクリックして変換したいファイルを登録します。

ファイルを追加

Step2.

フォーマットトレイの「音声」を表示させると様々な形式のフォーマットが表示されるのでその中からMP3を選んで「変換」のボタンを押すことでFLACからMP3へのデータを変えることができます。

FLACからMP3へのデータを変える


他にもファイル変換ができるソフト

無料で利用ができるソフトは「iSkysoft究極の動画・音楽変換」にもあり、その代表的なものとして挙げられるのがiTunesというAppleが配信しているソフトです。
iTunesを起動した後にメニューバーにある環境設定の項目からインポート設定を選択して読み込み方法を変更することで音楽ファイルの形式を任意に形式に変更することができます。特にMacintoshを利用している場合にはiTunesは利用しやすい仕様となっているので、Macintoshの使用者であればiTunesを利用するのも有効だと考えられます。


ひとえに音楽ファイルといっても音質やデータの容量はフォーマットごとに異なるため、再生する端末や利用シーンに応じて適切な形式に変えて利用するのがおすすめです。例えば自宅などでストレージの容量を気にせずに音楽を聴く場合にはFLACがおすすめですし、外出先で音楽を聴く場合にはMP3などの軽量なデータに変えてスマートフォンで再生するのが良いでしょう。無料でファイルの形式を変えることができるソフトも多くあるので、これらのソフトをうまく利用することがポイントです。


iSkysoft Editor
May 21,2018 15:21 pm / Posted by to オーディオ変換
方法 > オーディオ変換 > FLACの特徴とFLACをMP3への変換方法
Back to top