APEを他のフォーマットに変換する

音声ファイル形式のAPEは決してメジャーではありませんが、圧縮後にも全く同じ状態に戻せる可逆圧縮を採用していることから密かな人気となっています。 活用事例には劣化をさせたくない大切なデータをバックアップするためにAPEで可逆圧縮し、他のデバイスで再生させたい場合にMP3やWAV等に変換して利用する方法があります。

広く普及しているMP3等の非可逆圧縮の音声フォーマットはエンコードすることで一定の音質を保ちつつ容量を大幅に減少させることができますが、二度と元の状態に戻すことはできず再変換すれば音質が劣化してしまいます。 一方のAPEはWAVファイルを可逆圧縮できる音声フォーマットなので、全く同じWAVファイルに戻すことが可能です。 非可逆圧縮のフォーマットと比較すれば圧縮効率は不利であまり容量を減少させるまでには至りませんが、大切な音声ファイルを高品質に保ったままバックアップを行い、それを大量に管理する必要があり少しでも容量を減少させたい場合に役立てられています。

APEをほかの形式に変換する方法

1.オンラインでAPEを変換する方法

APEを取り扱えるソフトは英語版のものが多いですが、オンラインのサービスの中には日本語表記に対応したものも存在しています。 Convertioのオーディオコンバーターは、APEに対応している貴重なツールです。 ファイルの登録ではコンピュータを押して保存しているファイルを選択できるだけではなく、DropBox、GoogleDrive、URLからも選択可能です。 続いて中央のプルダウンメニューからAPEを選択し、右側ではMP3またはWAVを選択します。 以上の設定を確認し、最後に「変換」を押せば完了です。

2.APEをWAVに変換できる無料ソフト

WAVにするには、APEを取り扱うソフトの本家であるMonky's Audioを利用するのが最も簡単確実で、無料で利用できるのも嬉しいところです。 起動してメニューバーのModeからDecompressにチェックを入れて、画面左上のアイコンが箱に4方向の矢印が描かれたアイコンに切り替わりDecompressと表記されているのを確認し、画面にファイルをドラッグアンドドロップします。 最後に画面左上のDecompressのアイコンを押せば、WAVへの変換が開始されます。

3.APEをMP3に変換できる無料ソフト

最もお奨めなのが無料のFlicFlac Audio Converterで、MP3のlame.exe、APEのMAC.exe等が内包されており、簡単な操作でさまざまな形式と相互変換できるのが便利です。 使い方は起動して画面右の「to MP3」を選択し、必要があれば画面右下の設定アイコンを押してMP3 Presetsから品質やレート等を設定します。 続いて「Select or Drag Files」を押してファイルを選択するか、そこへドラッグアンドドロップすれば変換が開始されます。

4.もっと簡単にAPEをMP3やWAVに変換する方法

APEは可逆圧縮という優れた機能を持っている一方で、ややマイナーなだけに対応しているツールが少ないのが玉に瑕です。 そんな中で登場したiSkysoftの究極の動画・音楽変換では、パソコンやインターネットで取り扱っているあらゆるフォーマットに対応しています。 使い方は実に簡単で起動してファイルをドラッグアンドドロップし、メニューからMP3やWAV等のフォーマットを選択するだけです。 また、編集機能により不要な部分をカットしたり、複数のファイルを結合することも可能です。

APEは何と言ってもソースデータを一切劣化させることなくいつでも元に戻すことができる可逆圧縮に対応しているのが魅力ですが、対応しているツールやフォーマットが少ないことから取り扱いが難しいのがデメリットでした。 しかし、「iSkysoft究極の動画・音楽変換」の登場により1本であらゆるフォーマットに対応することが可能になったことで、APEの使い道が広がり再評価されています。


iSkysoft Editor
Jun 27,2019 10:33 am / Posted by to オーディオ変換
方法 > オーディオ変換 > APEを他のフォーマットに変換する
Back to top