動画に文字入れ可能な無料アプリ5選(Mac用)

Macで動画に文字を入れるアプリを探している人も多いかと思います。テロップまたは文字を入れることができるアプリは、商品やパソコンソフトの使い方などを紹介する動画を動画投稿サイトにアップする人にとっては必需品ですよね。
動画に文字を入れてそれらの情報をより詳しくすることで、動画の再生回数や紹介した商品の売り上げにも変化があるかと思います。
その目的以外の人でも、動画編集できるアプリを探しているはずです。
自分で考えたオリジナルの文字を加えてユーモアーあふれる作品を作りたい、という人もいるでしょう。そこで今回は、Macで動画に文字を入れることができる無料のアプリを5つご紹介します。

Part1:Macで使える動画に文字入れできるアプリを紹介

1. iSkysoft 究極動画音楽変換 for Mac

特徴とメリット
* 操作が簡単で初心者でも安心して使うことができる多機能な動画変換編集ソフトです。
* 基本的な編集機能はもちろん、複数の動画を1つの画面に表示させる分割表示ができたり、バブル、四季、ミラーなどのエフェクト数も多く用意されているので、クオリティーの高い作品を作ることができます。
* 取り扱える形式も多く、YouTubeやFacebookなどに直接アップロードすることもでき、DVDに書き出すことも可能です。

特にこれといったデメリットはないかと思います。

2. Avidemux

特徴とメリット

* 動画のカットや字幕ファイルの追加など基本的な編集ができ、対応形式も豊富な動画編集ソフトです。
*何といっても無料で使えるのが魅力です。

映像に字幕を入れるのには、字幕ファイルを作る必要があるので、ひと手間かかります。 ソフト自体が起動しないといったエラーが起きることもあるようです。

3.BangMe!(体験版)

特徴とメリット

* このソフトには撮影機能と編集機能があり、テレビ番組のような動画が簡単に作れるソフトです。
* ソフトを起動させて目の前の映像をリアルタイムで撮影しつつ、それにテロップや効果音などを入れ、動画を作ることができます。
* ほかの撮影機器で撮った動画や画像を取り込んで作品を作ることも可能です。

編集機能はそう多くはありません。

4.Adobe Premiere Elements(体験版)

特徴とメリット

* 名の知れたAdobe社が提供している動画編集ソフトです。
* エフェクトやトランジションの数も充実していて、経験者も利用しています。
* 操作手順をガイドしてくれる機能や動画を簡単に作成できる編集モードも用意され、初心者でも扱いやすい作りになっています。

それでも理解するまでに時間が必要かもしれません。パソコンが重くなることもあるようです。

5.iMovie

特徴とメリット

* 最近のMacには標準で搭載されているApple純正の動画編集ソフトです。
* OSがiOS以降であれば無料で使うことができます。
* 動画の分割や音楽、トランジションの追加などの編集機能を備え、操作性もよく、初心者でも凝った作品を作れるようになっています。

テロップの位置が指定された位置から動かせないという問題があります。

Part2:iSkysoft「究極動画音楽変換 for Mac」で動画に文字を入れる手順

最初に紹介しました私一押しのソフトを使って動画に文字を入れる操作手順を説明していきます。

Step 1. 文字入れしたい動画ファイルをソフトに取り込む

iSkysoft「究極動画音楽変換 for Mac」を立ち上げ、動画ファイルをインポートします。

Step 2. 取り込んだ動画ファイルを編集する

編集ボタンをクリックし、編集画面に入ります。

Step 3. 字幕ファイルを追加する

動画にコメントや注釈など、字幕を追加できます。字幕の入れ方について、手動で字幕を入力できません。 動画などの字幕を載っているファイルがある場合、入れると、自動的に動画に配置するものです。 字幕検索機能も内蔵しますので、「字幕の検索」ボタンをクリックすると、簡単に字幕の検索を行えます。

Step 4. 動画を作成

出力フォーマットと輸出のビデオを選択してから、「変換」ボタンをクリックすると、動画を作成します。

ほかの編集機能も使い、iSkysoft究極動画音楽変換 for Macでオリジナル作品を作ってみてはいかがでしょうか。

Nov 16,2017 15:33 pm / Posted by to 動画編集
方法 > 動画編集 > 動画に文字入れ可能な無料アプリ5選(Mac用)