AVIとMP4とH.264の違いって何ですか

AVIとMP4の違いとはどういうものなのか

動画ファイルフォーマットの中でAVIとMP4というものがあります。
AVIというのは、ウィンドウズパソコンで再生するために作られた動画ファイル形式で、動画や音楽などを格納することが出来るファイルフォーマットです。
MP4というものは、MPEG4などの動画や音声を一緒に格納するためのコンテナファイルとなります。

このように、AVIとMP4では大きな違いがありまして、画質・容量デその違いを見てみます。
MP4ファイルという物はAVIと比べると、画質が良くて、高画質のデータを保存することが出来ます。その点ではAVIファイルに関してはMP4ファイルに比べると解像度という面では劣ります。
では、ファイルサイズという面で見てみると、MP4のほうがAVIファイルに比べるとサイズが小さくてすみます。これを考えると、総合的に考えると、MP4のほうがAVIファイルに比べてみて子性能名動画を再生することが出来て、保存するときにもサイズを小さくしてから保存することが出来ます。
それでは、AVIファイルで動画を保存するよりもMP4で動画を保存しておいたほうが機能面でも優れているし、容量面でも小さく出来ます。

MP4とH.264の違いとはどういうものなのか

MP4に関しては全焼で簡単意書きましたので、ここではH.264とはどういうファイルなのかを書きます。
H.264という物は、出来るだけすくない量で高画質の動画を再現できるように、極限まで少ない情報により高画質再現方法を取っているファイルフォーマットになります。
利用法としては、幅広い利用がされていて、インターネットを活用した動画の再生などにも対応していますが、それ以外でもビデオ会議やハイビジョン、DVDやブルーレイなどにも採用されていて、幅広い動画への活用が行われています。

MP4とH.264の画質という面で比べてみると、間違いなくH.264のほうが高画質で再生することが出来ますし、ファイルに保存しておくことが出来ます。同等の圧縮したファイルの場合は、H.264のほうがMP4に比べてみて、きれいな映像を再現してくれます。この点は、文句の言いようがないくらいはっきりとわかります。
パソコンで再生する場合は、H.264のほうが高画質の映像を見ることが出来るのでおすすめしたいところですが、H.264は高画質でありながら、汎用性に抱えていて、より充実した動画を再生・保存したいのであれば、H.264のほうがおすすめの動画ファイルフォーマットということになります。

AVIとH.264の違いとはどういうものなのか

それでは、AVIファイルとH.264ではどのような面で変わるのでしょうか。
H.264という物は、MPEG4と同類のファイル形式ということになります。MP4の中の1つのファイルフォーマットということになります。AVIのファイルフォーマットの中にはH.264のファイルフォーマットも含まれる場合もあり、大きな枠で考えるとAVIファイルとH.264ファイルは、同じ物になる可能性があります。
ただ、画質で考えるとAVIファイルよりもH.264のほうが高画質で、きれいな映像を最盛時に視聴することが出来ます。

Youtubeやニコニコ動画でも、この高品質の画像を提供してくれるH.264を推進していて、今後はH.264が利用されるものが増えてくるので社内でしょうか。
MP4、AVI、H.264の3つを比較すると一番高画質の映像を見ることが出来るのは、H.264ではないでしょうか。
それだけ、品質重視のファイルフォーマットなのが、H.264ではないでしょうか。

iSkysoft 究極動画音楽変換--AVI変換

AVIとMP4とH.264の違いって何ですか

  • 30倍の超高速かつ高画質にビデオを変換可能
  • 高画質HD,MP4,MOV,WMV,M2TS,VOB,VROなど、多種類形式の入力・出力に対応
  • 100種類以上のWebサイトから動画をダウンロード可能
  • DVDの抽出&変換&作成し、Youtubeなどの動画をDVDへ作成可能
  • 編集機能でビデオをトリムしたり、回転したり、ビデオに透かし、字幕などを追加したりすることができます。
iSkysoft Editor
Jun 26,2017 10:33 am / Posted by to AVI変換
方法 > AVI変換 > AVIとMP4とH.264の違いって何ですか
Back to top